PR
PR

瀬戸が200個メで大会新 中村、池江は短水路日本新

 短水路(25メートルプール)で争う競泳W杯東京大会は14日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、男子200メートル個人メドレーで瀬戸大也が1分51秒40の大会新記録で優勝した。

 男子は100メートル平泳ぎを小関也朱篤が制した。200メートル背泳ぎは金子雅紀が1位となり、入江陵介が2位に続いた。100メートル自由形の中村克は46秒54の短水路日本新記録で3位。1500メートル自由形4位の江原騎士は800メートルの途中計時で7分42秒28の短水路日本新を出した。

 女子は50メートルバタフライで17歳の池江璃花子が25秒14の短水路日本新で3位となった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る