PR
PR

<2>【足腰を鍛える】 「椅子のポーズ」で膝守る

 立ち上がる時や、椅子に座る時、膝に違和感があっても年齢のせいだと諦めていませんか? 普段の生活の中で、動きを少し意識するだけで、膝を守ることができます。今回はヨガの「椅子のポーズ」です。日常生活にも生かせる動きなので、ぜひお試しください。

 まず、膝と足をぴったりくっつけた状態で立ちます=1=。両手を腰に当てて、お尻を後ろに引き、股関節と、膝、足首を曲げ、椅子に座る時のような姿勢をとります。このとき、爪先よりも膝が前に出ないように、お尻をしっかり引きましょう=2=。膝と、爪先は同じ方向を向くようにも気をつけます。腹筋を締め、腰に違和感がないことを確認して、両手を上に上げます=3a=。胸の前で手を合わせ合掌してもよいでしょう=3b=。この姿勢を数秒保って、立ち上がります。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る