PR
PR

「9条改正の可能性低い」 米カーティス名誉教授

 【ニューヨーク共同】日本政治に詳しいジェラルド・カーティス米コロンビア大名誉教授が13日、ニューヨークの同大で講演し、憲法9条に自衛隊を明記する安倍晋三首相の改正案は国会で十分な合意が得られておらず「(実現の)可能性は極めて低い」との見方を示した。

 先の衆院選では、安倍政権下での改憲に賛同する勢力が国会発議に必要な3分の2以上の議席を占めたが、カーティス氏は安倍首相の案が3分の2以上の賛同を得られていないと強調し「安倍氏が首相である限り、憲法改正はないと信じている」と述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る