PR
PR

辺野古海域に新たに希少サンゴ確認 知事の採捕許可必要

 防衛省沖縄防衛局は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、同県名護市辺野古の埋め立て予定海域2カ所で、絶滅の恐れのあるサンゴ10群体が新たに見つかったと明らかにした。移植のために翁長雄志知事の特別採捕許可が必要となる。

 埋め立て予定海域では、これまでに希少なサンゴ1群体が見つかり、沖縄防衛局が翁長知事に特別採捕許可を申請している。辺野古移設阻止を掲げる翁長知事は、今回を含めて慎重に判断するとみられ、移設工事に影響が出る可能性もある。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る