PR
PR

辺野古へ石材の海上搬入始める 政府、普天間移設工事の加速狙い

 政府は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブで、移設工事の護岸造成に使う石材の海上搬入を始めた。船を使った大量輸送で工事加速を目指す。反対派の小型船が立ち入り禁止海域を示すフロート(浮具)付近で抗議。海上保安庁がゴムボートなどで警戒に当たった。

 10トンダンプカー約50台分の砕石を積んだ船は午前10時20分ごろ、埋め立て予定区域北側の工区で約100メートルまで延びた「K9護岸」を桟橋として使い接岸した。作業員数十人が見守る中、キャンプ・シュワブ内への砕石の運搬作業を続けた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る