PR
PR

石炭で温暖化対策と米政府 COP23、若者抗議で会見中断

 【ボン共同】トランプ米政権は13日、ボンで開催中の気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)で、今後、石炭や天然ガスなど化石燃料を燃やす際の二酸化炭素(CO2)排出を、エネルギー効率の向上やCO2の回収・貯留によって削減することで対策に取り組む方針を説明した。

 会見では、聴衆を装って会場に入っていた若者グループが「石炭マネーが世界を台無しにする」などと歌って大声で抗議。メンバーは数十人で聴衆の大半を占めたため、会見が10分近く中断を余儀なくされた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る