PR
PR

再稼働原発に神戸製鋼部品 「不正なし」と電力各社

 神戸製鋼所の製品データ改ざん問題で、再稼働した3原発などの中枢部分に神戸製鋼が製造した部品が使用されていたことが13日、原子力規制委員会などへの取材で分かった。関西電力高浜3、4号機(福井県)や九州電力川内1、2号機(鹿児島県)、四国電力伊方3号機(愛媛県)の再稼働3原発などで、電力各社はいずれも不正が行われたのとは別の工場で製造されており不正な部品ではなく、安全性に問題はないとしている。

 規制委によると、審査に合格して再稼働に向け準備中の関電大飯3、4号機(福井県)と九電玄海3、4号機(佐賀県)にも使用されていたが、不正な部品ではなかった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る