PR
PR

大粒アサリごろごろ 浜中で「はさみ漁」始まる

 【浜中】釧路管内浜中町の火散布(ひちりっぷ)沼で13日、冬の風物詩・アサリはさみ漁が始まり、大粒のアサリがごろごろと掘り出された。

 はさみ漁は、長さ約2メートルの2本の棒の先端にそれぞれフォークのような歯がついた漁具「はさみ」で、沼の底のアサリを採る漁法。この時期は干潮でも沼底が出ないため手掘り漁ができず、はさみ漁を行う。

 午前9時、散布(ちりっぷ)漁協の組合員約50人が小型漁船で一斉に出漁。水深50センチ前後の沼底にはさみを入れ、体全体で揺すって砂を落としながら、大きさ4センチ~7センチのアサリをつかみ上げた。

残り:163文字/全文:423文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る