PR
PR

発掘の骨や歯はミゲルの妻か 長崎・諫早の石碑調査グループ

 16世紀末の天正遣欧少年使節の一人、千々石ミゲルの墓とみられる長崎県諫早市の石碑を9月まで調査した市民グループは12日、発掘した人の骨や歯の鑑定結果について「20~40代の女性のものの可能性が高く、ミゲルの妻とみられる」と明らかにした。

 人の骨や歯は、石碑の土台下の空洞で発見された。レーダーによる調査では隣に別の空洞が見つかっていることから、グループはこの空洞にミゲルが埋葬されたとみて、行政による追加調査を期待している。

 グループの依頼を受け長崎大などの専門家が分析した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る