PR
PR

室蘭の3総合病院再編検討 科の集約や効率的医師配置が課題

 人口減を踏まえた地域医療体制の構築を目指し、11日に室蘭市保健センターで始まった「地域医療のあり方検討会」は、市立室蘭総合、日鋼記念、製鉄記念室蘭の市内3病院の再編が最終目標だ。官民を合わせた病院再編は実現すれば道内で初めて。市は来年度には具体的な作業に入りたい考えで、地域医療の将来像を示せるかが試される。

 冒頭で、室蘭市の青山剛市長は「現状のままでは、将来的に安定した医療を住民に提供できない。医療編成や連携策について覚悟を持って取り組みたい」と決意を述べた。この日は西胆振の地域医療の現状と課題について話し合われ、各病院が診療科別の病床数や常勤医師数の資料を提出した。出席者からは「介護も念頭に置いて議論するべきだ」などの意見が出された。

残り:229文字/全文:552文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る