PR
PR

初の「ダウン症会議」開催 当事者も意見表明

 ダウン症のある人や家族、研究者らが情報発信や意見交換をする初の「日本ダウン症会議」が11日、東京都内で開かれた。医療、教育などテーマ別に分かれた分科会では、ダウン症の当事者も登壇し「働いたお金で買い物をするのは楽しい」などと意見を表明した。

 公益財団法人「日本ダウン症協会」の主催。2日間の日程で、約800人が参加する見込み。12日には出生前診断をテーマにした公開シンポジウムも開く。

 開会式ではダウン症の人でつくるダンスグループが歌と踊りを披露した。

 今後は数年に一度、会議を開く予定。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る