PR
PR

新千歳国際線ビル拡張が着工 訪日客受け入れ強化

 【千歳】新千歳空港ターミナルビルディング(千歳)は9日、2020年完成予定の同空港国際線ターミナルビル拡張工事の安全祈願祭をビル南側の建設予定地で行った。

 現在の国際線ビルは地下1階、地上4階建てで、延べ床面積は約6万1千平方メートル。拡張工事により、延べ床面積を約2倍の約12万4千平方メートルにし、急増する訪日客の受け入れ態勢を強化する。具体的には、ビルと航空機をつなぐ搭乗橋を現在の8基から17基に増設。チェックインカウンターも47から74ブースに増やす。約180室の富裕層向け高級ホテルも併設する計画だ。

残り:124文字/全文:381文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
このジャンルの最新記事

現在このジャンルの記事はありません

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る