PR
PR

寿しの壽 こだわりすっぽん鍋を提供

 住宅街にある隠れた名店。店主の石井正人さん(37)と父の興さん(66)が、良質な料理を提供する。その代表格がすっぽん料理だ。

 興さんが東京で修業時代に魅せられた。札幌で開業し37年。親子二代で独自の味を進化させた。こだわりのすっぽん鍋のスープは、こくがあるのにあっさり仕立て。甲羅や身の部位からでるコラーゲンは冷やすと固まりができるほど豊富。浄血作用、美肌効果があるといわれ、疲労回復、滋養強精にはうってつけの料理だ。

 前菜、トマトジュースやワインで割る生血、刺し身、レバー、胆のう、雑炊が付くフルコースは、2、3人前で1万3500円(前日まで予約が必要)。「旭川など遠くからも来てくれます」(正人さん)と評判の逸品だ。

 看板のすしは、店主が毎朝仕入れに出向き、その日の旬のものを出す。今の時期は白魚や太刀魚、カキがお薦め。にぎり壽(10貫)は2650円。


 ◆寿しの壽 札幌市北区北25西15―3―11。(電)011・758・7735。カウンター5席のほかテーブル3卓、畳部屋など20人収容。駐車場4台。ランチ(火~金)午前11時30分~午後2時。ディナー午後5時~同10時。月曜日定休。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る