PR
PR

気分は主役、コスプレ満喫 苫小牧でフェス開幕 愛好家ら記念撮影

 道内屈指の工業都市・苫小牧市内の各施設を、アニメの登場人物などになりきるコスプレ愛好家に開放する「第5幕とまこまいコスプレフェスタ」(実行委主催、苫小牧市など共催)が4日、王子製紙苫小牧工場の迎賓館など16会場で開幕した。各会場では漫画やアニメの登場人物に扮(ふん)した大勢のコスプレイヤーが記念撮影などを楽しんだ。5日まで。

 2014年2月から始まり5回目。樽前山神社で行われた開会式には約350人が集まり、「北海道の海と空の玄関口である苫小牧で思う存分コスプレを楽しみます」と宣誓。思い思いの衣装を身につけたコスプレイヤーたちは会場間を走る循環バスや、「痛車(いたしゃ)」と呼ばれる車体に漫画やアニメの登場人物を描いたマイカーで市内の撮影会場に繰り出した。

 苫小牧西港フェリーターミナルでは停泊中の太平洋フェリー「いしかり」船内が開放され、エントランスホールやデッキはポーズを決めながら撮影を楽しむコスプレイヤーでにぎわった。

残り:193文字/全文:609文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る