PR
PR

歌人の岩田正さんが死去 風刺やおかしみ、迢空賞受賞

 歌人で妻の馬場あき子さんと共に短歌誌「かりん」を創刊し、迢空賞などを受賞した歌人の岩田正(いわた・ただし)さんが3日午後8時59分、心不全のため川崎市の自宅で死去した。93歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行い、後日にしのぶ会を開く予定。喪主は馬場あき子(ばば・あきこ、本名岩田暁子=いわた・あきこ)さん。

 1946年に短歌誌「まひる野」創刊に参加し、歌人の窪田章一郎さんに師事。第1歌集出版後は歌作を中断したが、短歌作りを80年代に再開。2006年に歌集「泡も一途」で迢空賞を受賞。作品に風刺やおかしみがあるとして評価された。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る