PR
PR

日本、欧州代表と開幕戦 ラグビーW杯 札幌で豪、イングランド戦

 4年に1度のラグビーの世界一決定戦、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の全48試合の対戦カードと開催会場が決勝の2年前となる2日、発表され、9月20日に味の素スタジアム(東京都調布市)で行われる開幕戦では、1次リーグA組の日本が欧州予選勝者と対戦することが決まった。また札幌ドームでは1次リーグのオーストラリア―フィジー、イングランド―トンガの2試合が行われる。

 初の8強入りを目指す世界ランキング11位の日本の試合が行われるその他3会場は静岡スタジアム(静岡県袋井市)、豊田スタジアム(愛知県豊田市)、日産スタジアム(横浜市)。9月28日の第2戦で世界4位のアイルランドと袋井市で、10月5日の第3戦は欧州・オセアニア・プレーオフ勝者と豊田市で、13日の最終戦は世界6位のスコットランドと横浜市で戦う。日本戦は開催12会場のうち、収容人数の上位4会場が選ばれた。

 札幌ドームでは9月21日に1次リーグD組のオーストラリア(世界ランキング3位)とフィジー(同9位)、22日に1次リーグC組のイングランド(同2位)とトンガ(同13位)の試合が行われる。

残り:162文字/全文:641文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る