PR
PR

増え続ける糖尿病 防ぐには

 生活習慣病の一つである糖尿病が強く疑われる成人が、推計で全国で約1千万人に上ることが、厚生労働省の2016年の「国民健康・栄養調査」で分かった。糖尿病の可能性が否定できない「予備軍」も約1千万人だった。糖尿病は合併症を発症する恐れがあり、治療の遅れで重症化するケースもある。14日の「世界糖尿病デー」を前に、専門家に増加の背景や予防策を聞いた。
■高齢化 発症数押し上げ 国立がん研究センター代謝疫学研究室長・後藤温さん 
■道民の肥満傾向 改善を 日本糖尿病学会北海道支部長・吉岡成人さん

残り:2353文字/全文:2597文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る