PR
PR

「みちびき」が導くトラクター 上富良野でGPS構築実験

 【上富良野】日本版の衛星利用測位システム(GPS)をつくるための準天頂衛星「みちびき」を使い、農業用トラクターを自動で走らせる実証実験が23日、上川管内上富良野町の博物館「土の館」で行われた。

 内閣府の委託を受けた準天頂衛星システムサービス(QSS、東京)が行った。みちびきは現在4機が打ち上げられており、2018年度中に位置情報の提供を始める。米国のGPSを補完することで、現行で誤差10メートルほどの測位精度を数センチまで向上することができる。

 人手不足が続く農業分野での活用についても研究されている。

 実験にはQSSと連携して研究する農業機械メーカーのヤンマーとクボタ、井関農機の3社、北大大学院農学研究院の野口伸教授の研究チームが参加した。台風の接近で風雪が舞う中、トラクターは緯度と経度を基に定められた走行ルートに従い、数センチしか誤差のない走りを見せた。

残り:137文字/全文:521文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る