PR
PR

経産省、商工中金不正で組織改革 取締役半減、過半を社外に

 経済産業省が、ほぼ全店で不正融資が発覚した商工中金について、取締役の人数を半分に減らし、過半数を社外とする組織改革を検討していることが13日、分かった。不正の再発を防止するため、内部管理体制を強化するのが狙い。商工中金を巡っては民業圧迫との批判もあり、棚上げされていた民営化の議論が再燃する可能性もある。

 商工中金の取締役は現在、安達健祐社長ら10人で、うち2人が社外取締役だ。経営の透明性向上と企業統治(ガバナンス)強化に向け、取締役候補を決める独立した委員会を設置し、取締役を5人にして過半数の3人を社外から招くことを検討している。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る