PR
PR

汚れしっかり落とし収納 冬物への衣替えのコツは 洗う前のつけ置きお勧め 布団のダニは乾燥機で防止

[PR]

 朝晩の冷え込みが強まり、夏物から冬物への衣替えの季節になった。大切な衣類が黄ばんでしまったり、カビが生えるのを防ぐには、汚れをしっかりと落としてから収納することが肝心だ。また、冬用の布団は、シーズン最初のこの時期に手入れをするとダニ対策に効果的という。

 札幌市中央区で洗濯代行店「ジャバリン」を営む竹内康さん(48)に衣替えの時の留意点やコツを聞いた。黄ばみができる主な原因は、洗濯で落ちなかった皮脂の汚れが衣類に残っているため。「汚れは最初は透明でも、酸素と結び付いてやがて黄変します」

残り:991文字/全文:1236文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る