PR
PR

理科実験で児童13人搬送、福岡 市立長住小、塩酸こぼれ

 福岡市教育委員会によると13日正午ごろ、福岡市南区の市立長住小学校で理科の実験中に塩酸がこぼれ、気分が悪くなった6年生の児童13人が病院に搬送された。いずれも意識はあるという。

 市教委などによると、理科室でアルミニウムと鉄を塩酸で溶かす実験中、児童が試験管に入った塩酸3ミリリットルを誤って実験台などにこぼした。体には付着しなかった。頭痛や目の痛みを訴える児童もおり、いずれも軽症とみられる。

 実験に参加したクラスの児童数は37人。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る