PR
PR

中韓が通貨協定延長 緊急時に最大6兆円融通

 【ソウル共同】韓国銀行(中央銀行)は13日、韓国と中国が金融危機時に3600億元(約6兆1400億円)相当を限度に緊急時に資金を融通し合うことを定めた「通貨交換(スワップ)協定」を3年間延長することで合意し、契約を終えたと発表した。中国が韓国の求めに応じたとみられている。

 中国は米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に反発して経済分野で韓国に圧力を強めており、協定延長が不透明になっていた。

 同協定は10日が期限だった。11日に発効したという。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る