PR
PR

北朝鮮の核開発「最大の懸念」 米首席補佐官、辞任を否定

 【ワシントン共同】ケリー米大統領首席補佐官は12日、ホワイトハウスで記者会見し、北朝鮮が核開発を続け、他の国も核兵器を開発したり購入したりして核が世界に拡散することが「最大の懸念だ」と述べた。「イランの潜在的な核の脅威」も国際情勢の大きな懸念材料に挙げた。

 ケリー氏は7月、前任のプリーバス氏解任を受けて就任。最近、トランプ大統領との不和や辞任観測が伝えられていたが、辞任や解任はないと全面的に否定した。

 北朝鮮については「多くの米国民が大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発を心配しているが、北朝鮮は米本土に到達するような能力は持っていない」との見解を示した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る