PR
PR

【道スポ】MFチャナ 14日ホーム柏戦出る! 右太もも裏肉離れ回復

 タイから戻った北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップ(24)が、全体練習に部分合流した。右太もも裏を痛めていたが、10日に札幌市内の病院で再検査した結果、問題がなくGOサインが出た。きょう12日から完全合流し、次節ホーム柏レイソル戦(14日、札幌厚別)の出場を目指す。タイ代表の親善試合は欠場したが、札幌のJ1残留のために復活を果たす。

 目標達成のためには、休んでなんかいられない。10日にMRI検査を受けたチャナティップだったが、右太もも裏の画像には出血が見られず、12日から完全合流することが決まった。「肉離れは治っていた。ひどくなかったし、足はもう問題ない」と笑顔を見せた。

 開始から約30分ほど参加した全体練習では、6対6のフリーマンとして加わるなど、負傷前と変わらない軽快な動きを見せた。次の柏戦には「出たいし、勝ちたい」としっかり照準を合わせる。

 24歳の誕生日となった5日に、38度の高熱を出して4日間入院。移動日を含めて7日間、体を動かしていないことから「きょうはいきなりだったので疲れた。今は体力だけが問題」。全体練習から外れた後は、ピッチの外周を走り、落ちてしまった体力の向上に努めた。90分間走り切れるまでの状態に上がってくれば、14日柏戦の強行先発も可能性は高くなる。

 7月に加入後、チームの中心へと成長し続け、もういなくてはならない存在に。“残留請負人”としての期待も懸かる。「残留しますから。ジンギスカンを食べてもっと元気になりたい」。しっかりと精をつけ、柏に挑む。(中村真大)<道新スポーツ10月12日掲載>

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る