PR
PR

診療予約情報59万人分流出か 8割道内

[PR]

 医療総合卸道内最大手のほくやく・竹山ホールディングス(ほくたけHD、札幌)は11日、子会社のIT企業アドウイック(札幌)の運営するウェブサイトのサーバーに海外から不正アクセスがあり、顧客の氏名や通う医療機関名など約59万7千人分の個人情報が流出した恐れがあると発表した。このうち道内は約8割を占めるという。アドウイックは11日に札幌中央署へ被害届を出した。

 アドウイックによると、11日時点で個人情報の不正使用は確認されていない。不正アクセスされたのは、医療機関に予約したり、待ち時間を携帯電話にメールで通知したりするシステム「シマフクロウ・シリーズ」。全国9道府県で、開業医やクリニックなど約80の医療機関が利用している。

残り:260文字/全文:573文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る