PR
PR

啄木つづった悩みや感謝 手紙など7点 函館で直筆資料展

 函館ゆかりの歌人石川啄木の直筆の手紙やはがきなどの展示会「石川啄木直筆資料展」が、函館市文学館(函館市末広町)で開かれている。筆が進まず悩んでいる様子などをつづった手紙など7点を並べた。

 啄木が1908年(明治41年)に上京してすぐ函館の友人宛てに「小説に転ずるという考えが知人たちの賛同を得た」「小説を執筆し始めたが、なかなか筆が進まず困惑している」などを記した手紙4点とはがき3点を展示した。函館に残してきた病気の娘の看病をしてくれた友人に感謝の気持ちを記したものもある。

残り:154文字/全文:393文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る