PR
PR

錦仙峡 流れに映える 木々の色 滝上 紅葉見る散策イベント

 【滝上】紅葉の名所、錦仙峡を歩くイベントが7日に開かれ、紋別や北見などから訪れた家族連れなど約220人が、見ごろを迎え鮮やかに色づいた木々と渓谷美を満喫した。

 町観光協会が主催し、12回目。コースは日本ウオーキング協会(東京)の「美しい日本の歩きたくなるみち500選」の認証コースである渚滑川沿いの遊歩道を中心とした6・1キロと4・8キロで、8歳から83歳まで幅広い世代が参加した。

 朝から晴れ間が広がり、町役場を出発した参加者は町民ボランティアに案内され、黄色や真っ赤に色づいたカエデ、モミジや、渓谷を流れる清流を眺めた。

残り:110文字/全文:373文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る