PR
PR

公取委、阿寒農協に注意 賦課金制度 独禁法違反の恐れ 生乳出荷先の選択妨げ

 公正取引委員会は6日、阿寒農協(釧路市阿寒町)が、農協系統外に生乳を出荷する組合員だけが負担増となる賦課金制度などを作ったのは、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)につながる恐れがあるとして、同農協を口頭で注意し、公表した。

 注意は独占禁止法上、最も軽い行政指導で、公表するのは異例。公取委は「問題を広く知ってもらうため公表した。農家が取引先を自由に選択することを妨げるような制度、同様の疑義がある制度はただちにやめてほしい」としている。

残り:1090文字/全文:1309文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る