PR
PR

乗り合いタクシーに荷物も 旭川中央ハイヤー11月から

[PR]

 【旭川】旭川中央ハイヤー(旭川)は11月1日、乗り合いタクシーで荷物を運ぶ「貨客混載」事業を始める。宅配大手と提携し、乗客がいない時間を利用して荷物を戸別配送する。北海道運輸局によると、タクシー会社による貨客混載は道内では初。配送手数料を得ることで、乗り合いタクシーの赤字削減を目指す。

 貨客混載を始めるのは、旭川市東旭川町の農村地帯を走る乗り合いタクシー。JR東旭川駅と、約20キロ離れたペーパン地区の間を、住民の予約に応じて平日は10便、土日は7便運行している。配達エリアは東旭川町で、予約のない時間を配達に使う。道内では名寄市や滝川市などでバス会社が貨客混載を手掛けているが、戸別配送は初めて。

残り:267文字/全文:568文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る