PR
PR

「新増毛駅」来春オープン 駅舎2倍、枕木で通路も

 【増毛】昨年廃駅となったJR増毛駅が来年4月、生まれ変わる。駅舎を現在のほぼ2倍に増築する改修をはじめ、線路の枕木を使った通路の設置など敷地内の整備も行う。3日の臨時町議会で、駅舎改修工事に関する工事請負契約締結の議案が可決された。まちづくりの新しい核となる施設整備がスタートする。

 現在の駅舎の床面積は62平方メートル(駅内の直売店やトイレを除く)。新たにホーム側に52平方メートル増築し、展示室とする。町内外から鉄道関連の写真を募集する予定で、写真などをつるして展示するピクチャーレールも設ける。駅舎内の照明器具は昔ながらの雰囲気を出そうと、これまでの蛍光灯から天井からつり下げるタイプのものに変更。屋根や窓も改修する。

残り:459文字/全文:772文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る