PR
PR

JRご当地入場券大人気 胆振・日高 特製ホルダー1時間で配布終了

 JR北海道が7月に発売した「わがまちご当地入場券」で胆振・日高管内全18市町の入場券が人気だ。日胆の市町や企業でつくる「北海道新幹線×nittan(日胆)地域戦略会議」が1日、全18市町分を収集した人に対する特典で特製チケットホルダーを配布したところ、用意した100冊は1時間弱でなくなった。同戦略会議事務局(苫小牧市政策推進課)は「想像以上の誘客効果」と驚いている。

 ご当地入場券はJR北海道が初めて企画。日胆18市町は景勝地などをモチーフにした版画風のイラストに統一し、駅がない壮瞥、平取、えりもの3町は入場券のレプリカを作製した。

残り:256文字/全文:525文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る