PR
PR

旧増毛駅から出発進行 留萌線で「線路ウォーキング」

 【増毛】昨年12月に廃線となったJR留萌線留萌―増毛間の線路を歩く初のイベント「鉄路・果樹・鮭(さけ)を眺めて 健康ましけウォーキング」が1日、留萌管内増毛町で行われた。道内外から183人が参加し、普段は立ち入ることのできない線路沿いの風景を思い思いのペースで堪能した。

 町は旧増毛駅を核としたまちづくりを進める考えで、「残されている鉄路も生かそう」と企画した。

 旧増毛駅を起点に12キロと7キロの2コースを設けた。参加者はまず隣の旧箸別(はしべつ)駅手前まで約2・4キロを進んだ。列車の通らなくなったレールは表面にさびが目立ったが、参加者は左手に広がる日本海の景色を写真やビデオに収めながら「線路からの眺めがきれい」と話していた。

残り:129文字/全文:446文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る