PR
PR

ヘリコプターを飛ばすのも予報士の仕事!?

 「いつ・どこにヘリコプターを飛ばすか」

 その判断するのも、テレビ局に勤める気象予報士の業務です。

 大雨や台風、竜巻などで被害が出た際に、その状況や規模を空から伝えるのが航空取材の重要な役割。そして、桜の開花情報や大型連休の渋滞の見込み、海開きしたビーチの賑わいなど季節のトピックスを伝えるのも欠かせない仕事です。

 とりわけ、9月と10月の北海道は、日本の季節の最前線です。大雪山系黒岳や旭岳の「日本一早い紅葉」「初冠雪」は、全国ニュースになりますから。

 そこで私も…

残り:714文字/全文:948文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る