PR
PR

LGBT働きやすい職場認定します 札幌市、来月から指標制度

 札幌市は25日、性的少数者(LGBT)が働きやすい職場づくりを進める企業を認定する「LGBTフレンドリー指標制度」を10月から始めると発表した。差別禁止を定めた社内規定や同性パートナーへの福利厚生制度を設けるなど7項目について、取り組み度合いを星の数で評価し登録証を交付する。市によると、自治体がこうした制度を導入するのは全国で初めて。

 市は今年6月、LGBTカップルの関係を公的に認証するパートナーシップ宣誓制度の運用を始めた。社会の理解を促すための取り組みの一つとして、指標制度を導入する。

残り:236文字/全文:484文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る