PR
PR

東北電、防潮堤かさ上げ工事公開 女川原発、津波対策で

 東北電力は14日、2018年度後半以降の再稼働を目指す女川原発2号機(宮城県)で、津波対策としてかさ上げ工事が進む防潮堤や、事故が発生した際に放射性物質を含んだ水蒸気を外部に放出するフィルター装置を報道陣に公開した。

 防潮堤は全長約800メートル。最大23・1メートルの津波を想定し、海抜約17メートルの高さを約29メートルにかさ上げする。地面に168本のくいを打ち付けて建てた遮水壁で浸水を防ぐほか、一部はセメントを混ぜた土で盛り上げた。18年度後半の工事完了を予定している。

 フィルター装置は、タービン建屋でシートに覆われた状態で公開された。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る