PR
PR

南相馬市が防災メール誤配信 4千人に

 福島県南相馬市は14日、防災メールを誤配信したと発表した。登録している市民ら約4500人に「国民保護情報が発表されました。大至急、対応してください」との誤った内容を送信した。災害など具体的な危険を示す言葉はなかった。

 市によると、誤送信したのは午前11時20分すぎ。全国瞬時警報システム(Jアラート)と市内の防災行政無線を連動させるソフトウエアを更新し、動作確認をした際、防災メールへの送信設定を解除していなかったことが原因という。

 7分後に訂正のメールを送った。昼すぎまでに市民から17件の問い合わせがあった。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る