PR
PR

保釈中逃亡の男逮捕 札幌西署 地裁、判決7回延期

 札幌西署は13日、建造物損壊の疑いで、住所不定の暴力団員の男を逮捕した。男は監禁と傷害の罪に問われ、札幌地裁で判決公判が予定されていたが保釈中に逃亡し、判決言い渡しが7回延期されていた。

 男は自称会社役員清水翔平容疑者(27)。起訴状によると、同容疑者は昨年5月、共犯者の男の知人を車やマンションに監禁した上、暴行を加えて重傷を負わせたとされる。

残り:239文字/全文:413文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る