PR
PR

労働弁護団、残業代ゼロ反対集会 「長時間労働、過労死増やす」

 日本労働弁護団は14日、政府が秋の臨時国会に提出する方針の「働き方改革関連法案」に盛り込んだ、一部専門職を残業代支払いなど労働時間規制から除外する高度プロフェッショナル制度(高プロ)と裁量労働制の拡大に反対する集会を国会内で開き、参加者は「長時間労働や過労死を増やす制度で許せない」と訴えた。

 厚生労働省の労働政策審議会分科会で8日、働き方改革関連法案の要綱が示されたことを受けて企画された。集会では、全国過労死を考える家族の会の寺西笑子代表が「過労死を増やす方向に持っていくのは過労死防止法に反する。なんとしても阻止したい」と訴えた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る