PR
PR
「一般質問なし」ってあり? 苫前町議会15年ぶりゼロ
[PR]

 【苫前】13日に開会した定例町議会が、一般質問を実施しないことが分かった。町によると、一般質問を行わないのは、2002年12月定例会以来、15年ぶり。議会事務局は「質問の申し出がなかった。特に理由があるわけではない」としているが、町民からは議会活動の停滞を懸念する声が上がった。

■町議「緩んでいるわけではない」/町民「選ばれたからには質問を」

 これまでの定例会では毎回、1~3人が一般質問に立ってきた。阿部俊一議長は取材に対し「大きな懸案がなかったということだ」と淡々と語った。福士敦朗副議長も「今回は決算の審査に力を注いでいる。緩んでいるわけではない」と強調した。議会運営委員会の間宮英明委員長は「議員8人のうち4人が農家。9月は農繁期という事情も影響しているのでは」とみる。

 13日、本会議の傍聴に訪れた町民(83)は「質問することで問題点が見えてくる。われわれが選んだ議員なのだから何か質問してほしい」と注文した。

残り:325文字/全文:736文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る