PR
PR

根室出身のパッケージデザイナー故鹿目さん個展 東京

 根室市出身のパッケージデザイナーで、今月2日に90歳で亡くなった鹿目尚志(かのめたかし)さんの個展が、東京都内で開かれている。鹿目さんが手掛けた「カルピス」などの包装デザインをはじめ、巨大アート作品も紹介している。16日まで。

 個展は、鹿目さんが「90歳になる年の区切りにしたい」と、生前から準備を進めていた。開催直前に他界したため、長女の久美子さん(65)が遺志を引き継ぎ、鹿目さんと親交のあった大勢のデザイナー仲間らの協力で実現にこぎつけた。

残り:188文字/全文:412文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る