PR
PR

誤って自動操縦解除 急降下30秒で警報3度 北斗の陸自機墜落

 陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌丘珠駐屯地)所属のLR2連絡偵察機が5月に北斗市内の山中に墜落し乗員4人が死亡した事故で、陸自は13日、悪天候下で操作ミスがあったことが原因との調査結果を発表した。操縦士が自動操縦を誤って解除したことに気付かないまま飛行し、約30秒の間に異常を伝える警報が3度鳴っていたが、そのまま急降下して、斜面に衝突した可能性が高いとした。

 LR2は5月15日、救急搬送の患者らを乗せるため丘珠空港(札幌)を離陸。目的地の函館空港へ近づいた空域で急降下し、標高333メートルの山中に墜落した。陸自によると、LR2は着陸直前まで自動操縦を続ける予定だったが午前11時48分ごろ、高度約千メートルで函館空港の管制機関と無線交信をした際に、自動操縦のスイッチが切られた。交信時には操縦かんにあるボタンを強く押し続ける必要があり、交信中に近くの自動操縦解除のボタンに意図せず接触して解除された可能性がある。解除後から墜落までは30秒ほどしかなかった。

残り:365文字/全文:796文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る