PR
PR
5区間バス転換、具体案づくりへ JR北海道社長が着手方針

 JR北海道の島田修社長は13日の定例記者会見で、路線見直し問題でバス転換の方針を示している5区間について、「バスにするとどうなるかという提案を具体的につくりあげていく」と述べ、鉄路廃止後のバスを含めた新しい交通網の具体案づくりに着手する考えを明らかにした。

 JRがバス転換の方針を示しているのは、輸送密度(1キロ当たりの1日の平均輸送人数)が200人未満の札沼線北海道医療大学―新十津川間、留萌線深川―留萌間、根室線富良野―新得間に加え、高波被害で不通が続く日高線鵡川―様似間、すでに鉄路廃止で合意している石勝線新夕張―夕張間の5区間。

残り:235文字/全文:504文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る