PR
PR

岩内イカ漁、出足好調 1~12日水揚げ前年3倍超す 取引価格は前年並み

 【岩内】岩内港で今月1日から12日までに前年の3倍を超えるスルメイカ(マイカ)が水揚げされている。例年は10月下旬から盛漁期を迎えるが「今年は群れの北上が早かった分、南下も早まっている」との見方もある。漁業者らは幸先良いスタートを喜ぶ反面、予想が難しいイカの動きに不安も募らせている。

 岩内郡漁協によると、9月1~12日に岩内港に水揚げされたマイカは17・7トンと前年同期と比べ3・4倍。そのうち同漁協に所属しない、道内外各地からの「外来船」の水揚げは同226倍の11・3トンと6割を占める。

 13日は寿都沖などから同港に水揚げした9隻のうち、6隻が各地の外来船。同漁協は「この時期にこれだけ外来船が来るのは記憶にない」と驚く。岩内地方卸売市場での取引価格は前年とほぼ同じという。

残り:248文字/全文:589文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る