PR
PR
米大リーグ挑戦は今オフ 大谷、意向固める 入札制度使い

 プロ野球北海道日本ハムの大谷翔平選手(23)が今季終了後、ポスティングシステム(入札制度)を使って大リーグに挑戦する意向であることが13日分かった。今季終了後に球団に考えを伝える見通し。

 球団は昨年12月の契約更改交渉で、2017年オフ以降のポスティングシステムを使った大リーグ挑戦を認める方針を伝えていた。10月9日の最終戦後に会談し、本人の意向を確認する。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る