PR
PR
3歳男児にかかと落としの男 暴行死で懲役8年 東京地裁判決

 東京都大田区のマンションで昨年1月、同居していた女性の長男新井礼人ちゃん=当時(3)=を暴行し死亡させたとして、傷害致死罪に問われた無職永富直也被告(21)の裁判員裁判で、東京地裁は13日、懲役8年(求刑懲役9年)の判決を言い渡した。

 家令和典裁判長は「幼い被害者を一方的に暴行した。食事の行儀が悪く、しつけようとしてやり過ぎたと主張するが、被告はそもそも居候で、しつけをする立場ではなかった」と指摘した。

 被告は公判で暴行の一部を否認したが、判決は同居女性の証言や遺体の状況から、かかとで頭を蹴り、こめかみを強くつかむなど、強い暴行があったと認定した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る