PR
PR

若冲作品に初音ミクが登場 京都、コラボ展覧会

 江戸時代の絵師伊藤若冲や美術の流派「琳派」の作品に、バーチャル歌手「初音ミク」や、手塚治虫さんの漫画キャラクターなどを登場させた日本画の展覧会「ぼくらが日本を継いでいく」が13日、京都市下京区の高島屋京都店で始まった。25日まで。入場無料。

 京都で染織作品を手掛ける「豊和堂」の山田晋也さんが2015年に「漫画やアニメを琳派の手法で描くとどうなるか」と考え、企画したのが始まり。今年までに地元の絵師が手描きした35点を集めた。

 若冲の「鶏図」をモチーフにした掛け軸は、初音ミクの髪の毛と鶏の尾の流れが似ていることから組み合わせた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る