PR
PR

札幌市議、海外視察を再開 11月に米、カナダ 公費で8年ぶり

[PR]

 札幌市議会(定数68)は市議の公費による海外視察を8年ぶりに実施する。11月に姉妹都市の米国ポートランド市と、世界冬の都市市長会で交流があるカナダ・エドモントン市を訪問する。道内主要市では、札幌市以外で公費による海外視察を実施する議会はない。

 11月5~11日の7日間でポートランドとエドモントンを訪問。自民党6人、民進党・市民連合4人、無所属1人が参加する。札幌市議の海外視察費は任期4年間で1人80万円が上限で、今回はこの上限内で実施。1人70万円程度を見込んでいる。

残り:668文字/全文:905文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る