PR
PR

バスケで地域活性化 道とレバンガ連携協定

 道とプロバスケットボール・レバンガ北海道を運営する「北海道バスケットボールクラブ」は12日、スポーツを通した地域活性化や人材育成を目的とした包括連携協定を結んだ。

 協定により、両者は子供たちの体力向上を図るイベントやスポーツ体験教室を開催するほか、ホームやアウェーの試合で北海道の魅力のPRに取り組む。

 道庁で行った調印式で高橋はるみ知事は「子供たちの体力づくりや北海道の活性化が進む」と期待を寄せた。同クラブの折茂武彦社長は「大好きな北海道のために、さらに役に立てるのが楽しみ」と喜んだ。

残り:78文字/全文:324文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る