PR
PR

由仁町の水道事業「危険度」1位 ビジネス誌の全国ランキング

 ビジネス誌の週刊ダイヤモンド(ダイヤモンド社)が全国市町村の水道料金や財政力指数などを基に発表した全国水道危険度ランキングで、由仁町が1位になった。沼田町が4位にランクされるなど50位以内に空知管内6市町が入り、人口減や財政難に悩む管内の水道事業の厳しさが現れた。

 全国1219自治体を対象に、《1》20立方メートル当たりの月間水道料金《2》水道事業会計の経常収支比率《3》給水費に対する料金収入の割合を示す料金回収率《4》財政の健全さを示す財政力指数―の指標で、2015年度決算から健全度を算出。同誌7月29日号に掲載した。

 50位以内の空知の市町は由仁と沼田に加え、深川市20位、夕張市28位、芦別市44位、三笠市49位。“ワースト50”の道内18自治体のうち3分の1を占めた。

 同誌編集部は「水道事業は一般会計から独立し、実態が見えにくいが、市民の生活に不可欠。財政に余裕がない自治体は水道管の更新もままならず、将来の大規模な断水も懸念される。注視が必要だ」としている。

残り:399文字/全文:838文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る