PR
PR

自民、10月にも9条改正案 自衛隊明記へ反対意見も

 自民党は12日、憲法改正推進本部の全体会合を約1カ月ぶりに党本部で開き、安倍晋三首相(党総裁)が提案した、憲法9条への自衛隊明記を巡って再び議論した。賛否は交錯し、保岡興治本部長は9条改正に関する3巡目の会合で、首相提案を踏まえた条文案のたたき台を示す考えを表明した。10月22日投開票の衆院3補欠選挙以降になるとみられる。今月下旬に召集予定の臨時国会で党改憲案を提示することも視野に、党内調整を本格化させる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
道新おためし読みアンケート
ページの先頭へ戻る